ビットマップとは?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 ビットマップって、良く耳にするけれど実際はどんなものかご存知ですか?


 画像ファイルの種類なのです。
 そう、jpegとかGIFとかと同じ部類のものです。


 で、どんなの・・・?




 ◆ビットマップってなに?


 ビットマップとは、Windowsが標準でサポートしている画像ファイルの名称です。


 画像ファイルを点(ビット)の集まりとして構成しています。
 縦の列と横の行に点(ビット)を並べて、1つの画像を構成しています。


 白黒の画像から16,777,216色(フルカラー)までの色数を表現できます。
 基本的に圧縮せずに画像を保存するので、容量がとても大きくなります。


 白黒の画像では、データの1bitが画像の1ピクセルに対応しています。


 カラーの画像では、1ピクセルに複数のbitを対応させるため、容量が大きくなります。
 例えば、16色カラーなら4bitのデータを使用、(2の4乗で16)256色ならば8bitデータ(2の8乗で256)が必要になります。




 ◆長所と短所


 ・長所


 1番の長所は、画像の品質が高いということです。
 jpegなどのように、圧縮しませんので綺麗です。


 また、マックでも利用できますので、windows⇔マックのデータのやり取りが容易です。


 ・短所


 あまりに大きなビットマップの処理はパソコンに負担がかかり、処理時間も膨大になってきます。


 特に大きすぎるファイルを、画像処理ソフトで加工する場合に顕著に現れます。
 あまりに処理に時間がかかるので、人間にもストレスがかかります(笑)


 以上のように長所短所はありますので、それを踏まえて有効利用してください。




 ■どうする?困った!画像ファイル―パソコンファイルを使いこなすための基礎からわかるQ&A










■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年08月02日 20:36