USBポートの容量


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!

 ◆USBポートの容量


 USBは、大変便利なインターフェースです。
 機器の接続、取り外しもパソコンの電源を落とさずに気軽に行えます。


 パソコンから電源を供給して動作する周辺機器も増えていますね。


 そういった周辺機器は電源を持たなくて済むため、軽く安価に販売できるようです。
 メリットばかりのUSBですが、「何でもどんどん、USBポートに接続してしまえばいいじゃない?」なんて、安易に考えてはいけません。


 何故ならば・・・




 ◆USBの電源容量規定


  1つの系統のUSBポートからの電力供給は、トータルで500mA以下にしなければならないと言う規定があります。


 万が一それ以上の機器を接続してしまうと、おのおのの機器の電源容量が不足し、動作不良を起こす可能性があります。

 周辺機器の、電源容量って意外と多いものです。
 ちなみに、私の使用している光学式マウスは100mA使います。


 では、どうやって電源容量を調べればいいのでしょうか?


 おのおのの機器には、取り扱い説明書が付属していると思いますので、そちらを参照するのも一つの方法です。


 しかし、普通は取り扱い説明書なんて見ませんよね?
 私なども、取り扱い説明書は、ほとんど見ません・・・いや、保管してません(笑)
 しかも、取り扱い説明書の電源容量は、実測値ではなく設計値がほとんどです。


 ですから、実際の使用容量とは、異なることが多いです。




 ◆実際の使用容量を確認する


 さて、実際の電源容量を確認する方法です。


 【スタート】メニューから、【コントロールパネル】を選び【システム】をダブルクリックすると、“システムのプロパティ”のウィンドウが開きます。


 次に、【ハードウェア】のタブをクリックして、【デバイスマネージャ】のボタンをクリックします。


usb1.jpg



 “デバイスマネージャ”のウィンドウが開きます。


usb1.jpg



 調査対象のUSBルートハブを右クリックし、【プロパティ】を選択すると、“USBルートハブのプロパティ”ウィンドウがポップアップします。


 そのウィンドウの【電力】タブをクリックすると、現在の電力容量が表示されます。  下図の例ですと、マウスで100mA使用していることがわかります。


usb2.jpg



 ここでの使用量が、500mAを超えてしまうと、動作が不安定になりますので、他のUSBハブを使用するようにするか、電源供給型のUSBハブを購入しての使用をオススメします。




 オススメUSBハブ BHB4-U2A01/BK






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年07月07日 23:56