セーフモードいろいろ


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 予期せぬ原因で、Windowsが起動しなかった場合、【セーフモード】で、起動させて問題を解決します。


 Windows XP では、さまざまな起動モードが用意されていますので、用途によって使い分けましょう。




 セーフモードの起動の仕方は、パソコンの電源を入れたときに、BIOSチェック等の初期動作後に、ファンクションキーの【F8】キーを押し続けると、”Windowsの拡張オプションメニュー”が起動します。


 1.セーフモード


  必要最低限のデバイスドライバを読み込み、Windows XPを起動します。
  キーボードとマウスが使用可能です。
  問題を起こした周辺機器などの、ドライバを削除するなどのときに使用します。


 2.セーフモードとネットワーク


  上記のセーフモードに加えて、ネットワークに接続できるようになります。
  ネットワーク上の別のパソコンから、バックアップしてあったファイルなどを、コピーすることができます。


 3.セーフモードとコマンドプロンプト


 セーフモードの状態で、コマンドプロンプトが起動できます。


 4.ブートのログ作成を有効化する。


  Windowsを起動する過程での、ログを記録することができる。
 (ドライバのやさまざまなサービスの、読み込み・起動状態を「ntbtlog.txt」という名称のファイルに保存できる)


 5.VGAモードを有効にする。


 グラフィック関係に不具合が発生した場合に、従来パソコンにインストールされらドライバではなく、汎用ドライバがインストールされ、起動する。


 6.前回正常起動時構成


 トラブル時に、前回正しく動作した、環境でWindowsの起動を行う。


 7.ディレクトリサービス復元モード


 ドメインコントローラが使用するフォルダやアクティブディレクトリを復元します。


 8.デバッグモード


 Windowsが起動する際の情報を、別のパソコンに送信する。
 送信は、シリアルケーブルを使用する。


 9.Windowsを通常起動する。


 何もせずに、通常通りWindowsを起動します。


 10.再起動する。


 パソコンをリセットして、再起動します。


 11.OS選択メニューに戻る。


 OSをデュアルブートしている場合には、この画面の1つ前のOSを選択しているメニューに戻ります。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年01月24日 15:44