ビットとバイト


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 データの単位で、【1ビット・1バイト】と言う言葉を耳にするけど、知ってるようで意外と説明できないものですよね?


 では、簡単にさらっと”おさらい”しましょう!




 ◆ビット


 ビットとは、データにおける最小の単位です。
 ” binary digit ”の略で、” bit ”と表します。


 1ビットは、”1”と”0(ゼロ)”の2つの値をもっています。


 したがって、表現できる値は1ビットで2通りということになります。
 「ある」か「ない」かですね。(”1”か”0”ですね)


 ですから、情報の量としては少ないですが、あるかないかなので、非常にわかりやすいです。




 ◆バイト

 バイトはビットの集合体で、1バイト=8ビットになります。


 表現できる値は、”00000000(B)”から”11111111(B)”までの、256通りです。


 桁数が、多くなってわかりづらいということもあり、人間が扱う場合には、
通常16進法に変換して、利用します。


 16進法で表すと、”00(H)”から”FF(H)”までです。


 ここで、お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、”(B)”、”(H)”と出てきます。
 これは、私たちが通常使う10進法と混在しないように、16進法の数値には(H)を、2進法の数値には(B)を用いる場合が多いです。


 パソコン関係の部品は、すべて”1バイト=8ビット”の概念で設計されています。
 CPUも、8の倍数ビットで設計されています。
(昔は、8ビットCPUが主流でした。今は、32ビット・64ビットと8の倍数で、1度に処理できるビット数が増えています)


 メモリーやその他周辺機器なども、すべてそうです。
 アルファベットや漢字を表すのにも使われます。


 パソコンを使う上では、特に必要ではありませんが、”1バイト=8ビット”であると言う事は、頭の片隅にしまっておいてください。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年07月22日 23:07