単位のおはなし


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 パソコンを使っていくと、いろいろな単位にお目にかかります。
 馴染みのあるもの、ないもの様々です。


 馴染みのあるものはいいのですが、ないものは困りませんか?
 わざわざ調べなくては意味が通じないし、それも面倒だし・・・


 このコーナーでは、良くでてくる単位をまとめてみました。
 ぜひ、お役立てください。




 パソコンの用語で一番使われる、単位はデータの量に関する単位です。


 まずは、Bit(ビット)とByte(バイト)です。


 ここでは、その単位に関する表記に使われる物についてお話します。


 1ビット・100バイトくらいなら、表しやすく読みやすいのでわかりやすいのですが、1000000ビットとか3000000000バイトなんて書かれても、読みづらく理解しづらいですよね?


 そこで、下記の単位が使用されます。


 K(キロ) キロは、1×10の3乗(1,000倍)の単位です。
 M(メガ) メガは、1×10の6乗(1,000,000倍)の単位です。
 G(ギガ) ギガは、1×10の9乗(1,000,000,000倍)の単位です。


 お気づきのように、1000倍ごとに単位の呼称が変わります。
 上記の1000000ビットは、1Mバイト、3000000000バイトは3Gバイトと表すことができます。


 逆に小さくなっていく、数字の表記です。
 主に時間などの単位に使われます。
 0.001秒や0.000003秒と言われても、ピンとこないですよね?


 m(ミリ) ミリは、1×10の-3乗(0.001倍)の単位です。
 μ(マイクロ) マイクロは、1×10の-6乗(0.000001倍)の単位です。
 n(ナノ) ナノは、1×10の-9乗(0.000000001倍)の単位です。
 ρ(ピコ) ピコは、1×10の-12乗(0.000000000001倍)の単位です。


 お気づきのように、0.001倍ごとに単位の呼称が変わります。
 上記の0.001秒は、1m秒、0.000003秒は3μ秒と表すことができます。


 H(ヘルツ)は、周波数の単位に使われています。


 sec(セック)・min(ミニット)は時間の単位です。
 sec(セック)は”秒”、min(ミニット)は”分”を表す単位です。


 V(ボルト)は、電気の電圧の単位です。
 あなたのご家庭のコンセントはAC100V(ボルト)ですよね?
 ここで、新しい言葉が出てきましたね。


 AC(エーシー)と読みます。
 こちらは交流と言う意味です。
 ACとともにDC(ディーシー)、という言葉も使われます。
 DCは直流という意味です。


 ご家庭のコンセントはAC100Vで、乾電池などはDC1.5Vです。
 直流と交流の違いについては、かなりの長文になりますし、専門性が高くなりますのでここでは割愛します。


 このページでお知らせした単位については、必要性の高いものばかりなのでぜひ覚えてみてください。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年10月08日 00:28