DLLってなに?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 パソコンに新しくアプリケーションソフトをインストールするときなどに、【DLLを上書きしますか?】と言うメッセージが出てくることが時々あると思います。


 そのメッセージが出たときには、「普通は上書きはしないほうがいいよ!」って聞きますよね?
 なんででしょう?


 それは、DLLって何かな?って言うことを知っておけば、わかってくることです。


 では、DLLってなんでしょう??




 ◆DLLってなに?


 DLLとは、ダイナミック リンク ライブラリの略です。


 複数のアプリケーションソフトで共通すような動作(例えば、ハードディスクに対しての入出力動作など)がある場合、おのおののアプリケーションソフトに同じプログラムを搭載するのは、非常にムダがありますよね?


 そのぶんハードディスクの容量もムダになるし、プログラムの読み込みの時間もロスになります。


 じゃあ、どうすればいいか?


 どのアプリケーションソフトでも共通に使える、プログラムを作って共通に利用すればいいじゃないか!ってことになりますよね?


 それが、DLL・ダイナミック リンク ライブラリです。


 ハードディスクの容量にムダもなくなるし、プログラムの読み込みの時間もロスもなくなります。
 また、プログラムを開発する時間も、短縮できます。


 いいことだらけじゃないですか?


 え?、良くわからないですか??
 それでは、実例(?)です。




 ◆実例(たとえれば・・・・)


 会社の中でたとえますね。


 おのおのの社員が、業務で報告書を作成する必要があります。
 それぞれ、ばらばらに報告書を作成しています。


 毎回毎回それぞれの人が、白紙の状態から報告書を作り上げます。
 でも、作り上げる報告書の形はまったく一緒です。
 それぞれ、報告書作成にとっても時間が掛かっています。


 ある日、報告書の雛形を作りました。
 それをみんなで使うようになり、報告書作成の時間が大幅に短縮されました。


 これです。


 社員=アプリケーションソフト
 雛形=DLL


 でおきかえてみてください。
 わかりますか?(笑)




 ◆なぜ、置き換えてはいけないのか?


 パソコンに新しくアプリケーションソフトをインストールするときなどに、【DLLを上書きしますか?】と言うメッセージが出てくる時、「普通は上書きはしないほうがいいよ!」って聞きますよね?


 なんででしょう?・・・の回答です。


 今まで、インストールしてあったアプリケーションソフトは、共通のDLLを使って正常に動作していました。


 そこへ、新しいアプリケーションソフトインストールしようとしたときに、【DLLを上書きしますか?】とメッセージが出たということは、以前のDLLとは違うDLLがインストールされようとしている可能性があるわけです。


 そこで、上書きしたとすると、以前正常に動いていた複数のアプリケーションソフトが動かなくなる可能性が出てきます。


 仮に、上書きしなくて新しいアプリケーションソフトが正常に動かなくても、被害は1つのアプリケーションソフトだけに留まります。
 しかし、上書きしてしまったら、今まで正常に動いていたすべてのアプリケーションソフトが動かなくなる可能性があります。


 ということで、DLLは上書きしないほうが良いということです。
 無用な危険は冒さないようにしたいものですね。








■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年07月23日 00:38