GIFとは?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 Graphics Interchange Formatの略です。
 日本語訳すると、「画像交換フォーマット」です。


 GIFはその日本語訳の通り、ネットを通じて画像をやり取りする、標準的フォーマットっとして最も普及されているものです。


 GIFが扱うことの出来る画像は、2色~256色までの、パレットカラーです。


 パレットカラーとは?




 パレットカラーとは・・・


 使う画像色をあらかじめ決まった数量だけ選んでおきます。
 例えば、GIFで扱える最大の色数を256色選んでおいて、その色に1番から256番までの通し番号をふっておきます。


 その色と番号を、指定する側とされる側で共有しておきます。
 番号を指定しておけば、それ以降は番号の情報だけ伝えれば色の指定が出来るようになると言うことです。


 GIFは256色表現のため、1ドットあたりのデータが8bitで表現されます。
 フルカラーは1ドットあたり、24bitで表現しますので、1/3の容量で画像が表現できます。
 非常にコンパクトということです。


 また、GIFには下記のような豊富な機能を持っています。


 1.飛び越し表示により画像全体の概要をすばやく表示させて、あとから少しづつ画像の細部まで表現させていく、インターレスGIF


 2.背景を透明にして、画像を重ね表示させることができる、透過GIF


 3.1つのファイルに複数の静止画像を納めて、連続表示する、アニメーションGIF


 4.画像に表示されないテキスト情報を埋め込むことができる、コメント拡張


 GIFの欠点


 256色しか表現することができない。
 これは、今のパソコン環境からすると、ものたりないですね。
 おのずと、GIFを使う用途が限られてきてしまうと思います。


 Unisys社が特許を持っているため、圧縮/再生ソフトの開発や領布には、ライセンスが必要になってしまいます。


 ライセンス料金が発生してしまうということは、GIFを利用しにくくなるためこれ以上の発展と普及には障害が出できてしまいます。


 とは言え、私たちのネット環境の中には、まだまだ、GIFが数多く使用されています。







■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年09月09日 17:01