OSのOEM版について


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 先ずは、OEM版ってなに?と言うところから始めます。


 WindowsXPなどのOS(オペレーティングシステム)には、店頭で販売されている物と、パソコンメーカーがパソコン本体にインストールされた状態で販売されているものがあります。


 OEM版とは、後者のパソコン本体にインストールされた状態で販売されているもののことです。




 では、OEM版のメリット・デメリットはなんでしょう?


 メリット


 OEM版の最大のメリットは、価格の安さです。
 通常、店頭価格よりも1万円近く安く手に入るようです。


 しかし、通常はパソコン本体とセットで出荷するためのものなので、個人では手に入れることは難しいです。(条件によって手に入りますが、通常は難しいです。)


 もう一つのメリットです。


 通常のインストール作業は、慣れていないと時間が掛かったり、間違えたりするものですが、メーカーがあらかじめインストールしてくれていますので、ユーザーはセットアップのみで使用できるようになります。

 インストールの手間が掛からないということですね。




 デメリット


 もちろんデメリットもあります。


 まず、OEM版をインストールしてあるパソコンには、アップグレードインストールは出来ないということです。
 例えば、Windows2000のOEM版に、WindowsXPのアップグレードインストールは出来ないということです。


 また、OEM版のOSは、マイクロソフトがパソコンメーカーに販売しているものなので、購入したユーザーはマイクロソフトのサポートは受けられません。


 OEM版の使用ユーザーはOSに関するサポートは、パソコンメーカーからになります。


 以上が、メリットデメリットです。




 一般ユーザーは、価格の面から考えても、メリット・デメリットの面から考えても、OEM版の購入で十分ではないでしょうか?






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年10月07日 17:18