クイックフォーマットって?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 ハードディスクやりムーバルディスク(MOやフロッピーディスクなど)は、使用する前にフォーマットをする必要があります。


 【通常フォーマット】と、【クイックフォーマット】の違いはなんでしょう?




 両者の実行時間には、かなりの差があります。
 【クイックフォーマット】の方が、何倍も早く完了します。


 では、ここで【通常フォーマット】と、【クイックフォーマット】の違いをお話します。


 下図をご覧ください。




 format.jpg




 ハードディスク内には、”管理情報”保存する領域と、”データ”を保存する領域が存在します。
 ”データ領域”をデータ単位(クラスタ)を仕切り、そこにアドレスを振って、”管理情報領域”でそれらを管理することの準備を整えることを、【フォーマット】と言います。


 ”管理情報領域”とは、”データ領域”の、どのアドレスにどんなデータが保存されているかを、記録しています。


 【クイックフォーマット】は、”管理情報領域”をクリアにして、データ保存に備えるのみのフォーマットです。


 一方、【通常フォーマット】は、【クイックフォーマット】の動作プラス、ディスク内の不良箇所をチェックします。
 不良箇所チェックして、次回から不良部分を使用しないように設定します。


 この、ディスク内のチェックは、容量が大きくなるほど時間がかかります。
 しかし、不良箇所を使用不可にすることによって、データの読み書きの不具合を起こす心配がなくなります。


 できれば【通常フォーマット】のほうが、安心なのではないでしょうか。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年02月02日 12:39