隠しファイルの表示法


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 システムの動作に直接影響を与えるファイルを、初心者等のシステムに詳しくない人が誤った操作をしないように、見えなくしているファイルのことを、【隠しファイル】といいます。




 ある程度の知識を有してくると、その【隠しファイル】を見る必要が出てくると同時に、見たくなります。


 そんな【隠しファイル】を見ることが出来るようにする設定方法をご紹介します。


 Windowsの【スタート】ボタンの上にカーソルを合わせて右クリックしてください。
 【エクスプローラ】を選択して、クリックして「エクスプローラ」を起動してください。


 「エクスプローラ」の【ツール】⇒【フォルダオプション】で、フォルダオプション(下図参照)のウィンドウがポップアップします。




folder.jpg


 【表示】のタブをクリックし、【ファイルとフォルダの表示】で、「すべてのファイルとフォルダを表示する」にある、ラジオボタンびチェックを入れます。


 また、一番下にある、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックをはずすと、Windowsが内部的に使用しているファイルも表示できるようになります。


 注)この、「詳細設定」のボックス内の設定は、とても重要なものが多いため、万が一設定がわからなくなったときには、一度【規定値に戻す】ボタンをクリックして、初期状態に戻してから、再び設定してみてください。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年12月24日 00:13