メモリーカードの取り扱い注意は?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 主にデジカメなどで使われている、【メモリーカード】は多種多様な製品が発売されています。


 小型で大変便利ですが、取り扱いに注意しないと、貴重なデータが取り出せなくなってしまう危険性があります。


 どんなことに注意する必要があるのでしょうか?




 1.読み書きしている最中に、メモリーカードを抜いたり、電源を切ってはいけない。


 これは、当たり前のようですが、不意の事故などがありますので、気をつけなければいけません。


 例えば、撮影中に電池切れを起こすことも考えられます。
 デジカメには、電池容量が少なくなると、警告がでますので、警告が出たらすぐに撮影はやめるべきです。


 2.カード内のデータは、削除するだけでなく初期化をする。


 メモリーカードも、ハードディスクと同じように、データの最適化をする必要があります。


 カード内のデータを追加したり、削除したりしていると、メモリーの中で一箇所に保存できずに、何箇所かに別れて保存されます。
 すると、読み取るにも削除するにも時間が掛かるようになってしまいます。


 データをまとめて保存できるように、一度メモリーカード内のファイルを削除して、初期化しましょう。
 これで、メモリーカード内が最適化されます。


 3.容量一杯までは撮影しない


 画像データの容量は、撮影前にはわかりません。
 撮影して初めて容量が確定します。


 ですから残りの容量があまりにも少ない場合、もしかしたら画像データが残容量を上回ってしまうかもしれません。


 すると、今撮影した画像はもとより、以前に撮影された画像ファイルにも悪影響が及ぶこともあります。


 ですから、たくさん撮影するときには、予備のメモリーカードを用意しましょう。


 4.環境の悪いところでは、保管・使用しない


 水分に注意するのは、もちろんのこと、高温・多湿なところにでは、保管・使用は避けてください。
 メモリーカードの金属部分(コネクター部分)が、腐食するとデータの読み書きが出来なくなってしまいます。


 また、重いものをメモリーカードの上に乗せたり、折り曲げたりすると、中の回路の断線などにつながり、動作不良を起こします。


 5.音楽プレーヤーなどのフォーマットのフォーマット形式の違う機器とは、共用しない。


 フォーマットが違う機器と共用すると、メモリーカードがデジカメで読み書きできなくなってしまう恐れがあります。


 また、パソコンでフォーマットした場合も、読み書きが出来なくなってしまう可能性がありますので、必ずデジカメのみで使用しましょう。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年01月17日 20:22