プリンターの種類は?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 プリンターには、大きく分けて4種類の印刷方式があります。


 使われる用紙や、インクなどの違いをお話します。




・インクジェットプリンター


 現在、家庭に最も普及しているプリンターです。


 ヘッドに細かいノズルを持っており、そのノズルからインクを噴射することにより、用紙に印字します。
 そのノズルが、細ければ細いほど印字の品質は高くなります。


 しかし、ノズルを細くすると、目詰まりの問題や、印刷速度が遅くなってしまうという、弊害が起きてしまいます。
 各メーカーともさまざまな工夫を凝らし、製品改善が進んでいます。




・レーザープリンター


 オフィスなどで最も使われているプリンターです。


 コピー機と同じく、レーザー光と静電気によって、トナーを用紙に定着させる印刷方式です。


 高速で印刷品質は高いのですが、コストは高くなりがちです。
 また、製品自体がやや大柄なため、一般家庭に普及するのは難しいのではないでしょうか?




・感熱プリンター


 印字ヘッドの熱によって印刷するプリンターです。


 感熱紙には直接熱を与えて、印刷します。
 また、インクリボンに熱を与えて、用紙に転写するものもあります。


 印字の品質は良いのですが、ややコスト高です。
 また、印刷後は熱や光による経年変化に気をつけなくてはいけません。


 ワープロ専用機などに、使われています。




・ドットインパクトプリンター


 ヘッドにある、細かいピンでインクリボンを叩き、用紙に色を付けて印刷する方式です。


 インクジェットプリンターが普及する前には、一般家庭にもっとも普及していたプリンターです。
 また、レーザープリンターが普及する前には、オフィスにも普及していました。


 インクリボンは、色が出なくなるまで繰り返し使用できますし、用紙も比較的安く手に入りますので、コストは非常に安く済みます。


 印刷時の騒音・振動が大きいです。
 また、用紙自体をピンで叩くため、用紙を痛めてしまいます。




【エプソンOAサプライ】ご注文からお届けまで、最短5時間!









■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年03月06日 20:31