パソコンの性能はCPUのクロック周波数で決まるのか?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 CPUの性能=パソコンの性能、と思いがちですが、実はそれだけではありません。


 大きな要素のひとつであることは間違えありませんが・・・




 まず、クロック周波数とは、Pentium4/2GHzの2GHzの数字のことです。


 クロック周波数の1サイクル当たりの、情報処理量はCPUによって異なります。


 また、情報処理はクロックサイクルに対して、100%成功するわけではありません。
 処理成功率もCPUの種類によって異なります。


 したがって、クロック周波数が高く、情報処理の成功率が高いCPUが、性能の高いCPUと言えるでしょう。


 また、情報処理の成功率は、周りの環境にも影響します。(周囲温度や、ノイズなどの障害等)


 ペンティアム・セレロン・アセロン、おのおの周波数に対する性能は異なっています。


 性能の高い順に、アセロン>ペンティアムM>ペンティアム4>セレロン となっていますので、CPU選択の参考にしてみてください。


 ただし、パソコンの総合的な性能はCPUだけでは決まりません。
 CPUを取り巻く周辺部品(メモりやハードディスクドライブ、グラフィック回路、サウンド回路等)との、総合的なマッチング(相性)などによっても性能が左右されてしまいます。


 高くて良い部品をたくさん使っているからといって、性能が高いわけではなく、価格・性能・周辺機器とのマッチングなどを考慮すれば、予算を掛けずにより良いパソコンを手に入れることができます。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年12月21日 16:26