メモりの容量は、どのくらいが適正か?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 パソコン購入時の選択肢に、【メモり容量】があります。


 どのくらいの容量が”適正”なのでしょうか??




 メモり容量は、多ければ多いほどパソコン動作が快適になります。
 しかし、コストはそれにつれて上がって行きます。


 予算に限りがなければ、出来るだけたくさんのメモりを積みましょう。


 しかし、現実的には、そうはいきません。


 限られた予算のなかで、出来るだけ快適な環境を作らなければなりません。
 では、いったいメモりの容量は最低どのくらいあればいいのでしょうか?


 ずばり、Windows XPの場合、最低【512M】は欲しいです。
 ”256M”と”512M”のメモりを、パソコン起動時間で比較してみると、”512M”のほうが、おおよそ1割早く起動するようです。


 ここでは、起動時間の比較ですが、グラフィック処理のアプリケーションソフトなどを実行するときにも、顕著に性能の差が現れてきます。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年01月05日 13:27