シリアルATAとは?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 ATAとは、パソコン(主記憶装置)と、ハードディスクを繋ぐためのインターフース規格です。


 【シリアルATA】は、これまでのATAよりも、データ転送を高速化しています。




 従来のATAは、最高133Mバイト/秒のデータ転送が可能でした。
 高速化された【シリアルATA】は、最高150Mバイト/秒のデータ転送を実現しました。


 しかし、現状【シリアルATA】は、必要な規格なんでしょうか?


 一般的に、ハードディスクのインターフェース規格のスピードは、ディスクからの読み出し速度の向上に伴って、高速化してきました。


 【シリアルATA】が必要なほど早いディスクドライブは、一部のハイエンド製品だけと言うのが現状です。
 私たちが通常使っているハードディスクドライブは、70Mバイト弱/秒の製品がほとんどです。


 よって、製品単価が高い【シリアルATA】のハードディスクドライブを使用しなくても、普通のATAで十分だということが言えると思います。


 現在のものよりも高速なハードディスクドライブが普及するようになってから、【シリアルATA】製品の購入を考えてもいいのではないでしょうか。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年01月05日 19:54