パソコン入力装置の種類は?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 パソコンにデータを取り込む手段には、さまざまなものがあります。
 キーボードや各種ポインティングデバイス、スキャナなどの読み取り装置などです。


 入力装置の種類と特徴を以下にまとめます。




文字・数値の入力装置


 ・キーボード


 最も一般的な、入力装置です。
 文字や数値などを、キーを叩くことによってパソコンに入力します。
 主に、ユーザー自身が作成したデータの入力に使用します。




ポインティングデバイス


 ・マウス


 楕円型の装置の底にある、球体(ボール)を動かし、その移動方向と距離によって位置の指定を行うデバイスです。


 最近は、ボールの換わりに光を利用する、光学マウスが主流になりつつあります。


 ・トラックボール


 マウスを逆さにしたような形状で、ボールを直接動かして、位置を指定するデバイスです。


 ・トラックパッド


 小さな平面パネルを指でなぞって、その方向と移動距離によって位置の指定を行うデバイスです。


 ・タッチパネル


 画面上のキャラクターや文字に指で触れ入力を行うデバイスです。
 ATMや券売機などで、使われています。


 ・タブレット(デジタイザ)


 ボード状の機器をパソコンに接続して、ペンを動かして位置を入力するデバイス。


 ・ペンポイント


 画面上をペンでなぞり、文字を入力したり位置を指定したりするデバイス。
 主に、モバイル機器に使われている。




読み取り装置


 ・バーコードリーダー


 バーコードを読み取る装置です。
 昔のものは、ペン型で読み取るためには、バーコードに沿って移動させる必要がありました。
 現在の主流は、センサー自体が移動して、スキャンしてくれるものです。


 ・OCR


 文字等に光を当てて、その反射光を読み取り認識する装置です。


 ・OMR


 マークシートに光を当てて、反射光を読み取る装置です。


 ・スキャナ


 絵や文字を、センサーで情報として読み込む装置です。
 取り込んだデータはドット単位で管理・処理されます。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年03月06日 21:05