ワンタイムパスワードってなんだ?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 ネットバンクなど、インターネット上のサービスはますます便利になります。
 しかし、スパイウェアなどの蔓延で、そのパスワード流失が危惧されます。


 今後、ネットバンクなどで、ワンタイムパスワードの採用が進んでいくようです。


 ところで、ワンタイムパスワードってなんでしょう?




 ワンタイムパスワードは、簡単に言うと使い捨てのパスワードです。


 数分ごとに使えるパスワードが変化し、万が一パスワードか漏れてしまっても、もうそのときには、違うパスワードに変わってしまって、旧パスワードは使用できなくなっているというシステムです。


 ◆ジャパンネットバンクの場合


 ワンタイムパスワードのシステムを、ネットバンクのジャパンネットバンクを例にとってお話します。


 ジャパンネットバンクでは、2006年半ばより、ワンタームパスワードに移行するようです。


 ジャパンネットバンクのワンタイムパスワードは、キーホルダー型トークンを使ってユーザーが認識できるようになっています。


 トークンとは、発生されたパスワードを表示する機器のことです。
 トークンは、1分ごとに異なるパスワードを表示します。


 このパスワードは、ジャパンネットバンクのサーバーと同期しています。
 したがって、そこに表示されているパスワードでネットバンクにログインするわけです。


 万が一、そのパスワードが流失してしまっても、1分後には無効になってしまいますので、安心して利用できるのではないでしょうか。


 これで、かなり高いセキュリティを実現できると思います。
 今後は、このワンタイムパスワードが一般的になるのではないでしょうか。


 ワンタイムパスワードによって、ネットバンクも安心して利用できるようになるのではないでしょうか?


 安心の、ワンタイムパスワードを利用したネットバンク、ジャパンネットバンク・・・オススメです!!




 ■ネット銀行のパイオニア『ジャパンネット銀行』!!










■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年02月24日 20:48