CPUの比較


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 パソコンを購入するときに、気になるパーツの一つにCPUがあります。
 カタログを見てみると、主に2つのメーカに2種類のCPUがあることがわかると思います。


 いったい、それぞれが「どう違うのでしょうか?」
 それが分かれば、パソコンを買うときに迷わなくて済みますよね?


 そもそもCPUは、インテル社のものが実質的に業界標準になっています。
 そのインテル社のCPUに互換性のあるCPUを作っているメーカにAMD社があります。


 おおよそ、この2つのメーカが市場を形成しています。
 したがって選択肢はこの2つのメーカからと言うことになります。




 インテル社のCPUは、大きく2種類に分かれています。
 ペンティアムとセレロンです。


 セレロンはペンティアムの廉価版です。


 AMD社では、インテル社のCPUそれぞれの互換CPUがあります。
 アスロンとデュランです。


 デュランはアスロンの廉価版です。


 次に性能の高い順に、CPUをご紹介します。




 ◆アスロン


 最も周波数当たりの性能が高いのは、アスロンです。
 動作周波数、2GHzの製品で、Pentium4・3.2GHzのPentium4と同程度の性能があるといわれています。




 ◆ペンティアム M


 ペンティアム Mはノート専用設計のプロセッサです。
 モバイル専用のCPUなので、ノートPCに搭載されます。


 ペンティアム4よりも、性能は高いです。




 ◆ペンティアム4


 実質、業界標準のCPUです。


 世間的には、最も知名度が高いです。
 性能も最も高いと思われがちですが、実はそうでもありません。


 動画処理などの、マルチメディア関係には高い性能を発揮します。




 ◆セレロン


 セレロンは、ペンティアムの廉価向けCPUです。
 しかし、以外に性能は悪くはなくコストパフォーマンスに優れたCPUです。


 通常の使用(ネットやメール、事務処理など・・・)には全く支障はなく、セレロンが最もオススメのCPUです。


図解入門 よくわかるCPUの基本と仕組み―CPU内部構造とソフトウェアの動作
西久保 靖彦
秀和システム (2004/09)
売り上げランキング: 40,689
おすすめ度の平均: 5
5 基礎力が付きます






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年12月21日 01:20