デジタルデータは永遠か?


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 「撮りためた写真や、アナログレコード・VHSビデオで棚がいっぱいだ~ 全部デジタル化して処分してやる~」と思っているあなた・・・


 デジタルデータは永遠だと思いますか??




 結論から言うと、永遠ではありません。


 私の経験談です。


 大好きなアーティストのCDを持っていました。
 お気に入りで、良く聞いていたものです。


 アナログレコードも持っていたのですが、CDは音質の劣化がなく、半永久的に使用できると思って、買換えました。


 しかし、何年かすると、ある1曲のボーカル部分が再生されなくなってしまったのです。
 ギターやドラムの音は、きちんと出ているのに、肝心のボーカルの音が出なく、まるでカラオケCDのようになってしまいました。


 よくよく調べてみると、CDは永久に使用できるものではなく、寿命があることがわかりました。


 保存状態にもよりますが、数年から数十年で再生できなくなってしまうことがあるようです。


 思い出の写真や、ビデオカメラで撮影した運動会などの映像も、DVDやC-DRに焼いておけば、永遠に保存できると安心したら、おおきな間違いではないでしょうか?


 そういう貴重な思い出は、デジタル化した後でも、必ずオリジナル(ビデオテープや写真のネガなど)は、保存しておきましょう。


 たとえ保存状態を完璧にしても、再生できなくなるかもしれません。
 先ほどの、CDの話と同じことが起こるかも・・・


 また、今のDVDやCD-Rを再生できる機器が、今後ずっと手に入れられるとは限りません。
 ベータ方式のビデオデッキって、現在手に入りますか?


 技術の進歩は、めまぐるしいです。
 数年後には、もっとすごい記録方式が出てきて、現在のDVDやCD-Rがそれにとってかわられるかもしれません。


 ですからそのときに慌てることのないように、オリジナルは保存しておきましょう。
 そのオリジナルで、またデジタル化して保存できるのですからね。


 なぜオリジナルなのでしょうか?
 それは、デジタル化の時点で、データは少なからず劣化してしまいます。


 デジタル化したデータを、さらに違う媒体にデジタル化すると、さらに劣化が進んでしまいます。


 ですから、オリジナルは大切に保存しておいてくださいね。


 と言うことで、あなたの棚はいっぱいのままです。
 棚を増設してください(笑)




デジタル写真をプリントして残して永久保存!!







アナログデータをデジタル保存するための本
工藤 隆也
秀和システム (2003/08)
売り上げランキング: 312,250







■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2006年03月01日 22:36