仮想メモりの適正値


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 仮想メモりを設定するのにも、適正な値がわからなければ困ってしまいますね。


 そこで、適正な仮想メモり値を知るための手段をお話します。




 まず、タスクマネージャを起動します。
 起動の仕方は、【Ctrl】+【Alt】+【Delete】を押してください。


 タスクマネージャのウィンドウがポップアップします。
 【パフォーマンス】タブをクリックします。(下図を参照してください)




taskm.jpg




 左下の項目【コミット チャージ】の値を見ます。




 ◆コミットチャージの数値の意味


 【合計】・・・現在のページファイルサイズの合計が示されています。


 【制限値】・・・初期値でのページ・ファイルの最大サイズは、物理メモリの3倍までに設定されています。下図の例では、メモりが1Gなので、制限値は約」2.5倍程に設定されています。


 【最大値】・・・これまでの、ページファイルサイズの最大値が示されています。


 ここで、同時に使用される可能性のあるアプリケーションソフトを一度に起動してみて、【最大値】を検証してみましょう。
 そこで、示された最大値以上に仮想メモりサイズが設定されていれば、システムは支障なく動作することがわかります。


 ただし、ページファイルの最大値は物理メモリの1.5倍~3倍まで帰ることができますが、最大値が3倍に近い数字になるようですと、頻繁に大きいサイズのデータがスワップすることになりますので、パソコンのパフォーマンスが悪くなります。


 パソコンを快適に使用するには、この値が2倍以内が好ましいです。
 この値が2倍以内に収まるように、物理メモりの増設も検討する必要があります。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年12月19日 13:01