ハードディスク内のデータ


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 ハードディスク内をクリーニングしましょう。


 クリーニングと言っても、埃や汚れを取るわけではありません。
 では、どのようにクリーニングすればいいのでしょうか?




 ハードディスク内の不要なデータ(ファイル削除後のデータ残骸や、アプリケーションソフトインストール時に一時的に作られたデータなど)を、きれいにクリーニングしましょう。


 また、そうして出来たメモリーの隙間を詰めて記憶しなおす(デフラグといいます)ことによって、データへのアクセスが早くなり、快適にパソコンが動作するようになります。


 また、ハードディスクの空き容量も増えることになりますので、一石二鳥です。


 ては、クリーニングの手順です。




 ◆ディスクのクリーンアップを行う


 ディスクのクリーンアップとは、ハードディスク内に残された、使用しないデータやファイルを安全に消去することです。


 使わないものを消去することによって、ハードディスクの残り容量を増やすことと共に、データ読み出しの高速化を図ることができます。


 まず、エクスプローラーを開き、クリーンアップしたいハードディスクドライブを選択します。
 右クリックすると、メニューが表示されますので、プロパティを選択してください。


 すると、下図のようなウィンドウがポップアップしますので、赤丸印の【ディスクのクリーンアップ】ボタンをクリックして下さい。




pro2.jpg



 下図のような、ウィンドウが表示されます。
 その中に消去が可能な、ファイルのリストが表示されますので、不要なものを左のチェックボックスで選択して、消去してください。




pro3.jpg



 ◆デフラグを行う


 ディスクの【デフラグ】を行います。


 まず、エクスプローラーを開き、デフラグしたいハードディスクドライブを選択します。
 右クリックすると、メニューが表示されますので、プロパティを選択してください。


 すると、下図のようなウィンドウがポップアップしますので、赤丸印の【ツール】タブをクリックして下さい。




pro2.jpg



 そして、開いたメニューの中にある、【最適化する】ボタンをクリックすると、デフラグが行われます。




pro.jpg




 デフラグには、かなりの時間がかかりますので、時間に余裕があるときに行ってみてください。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年08月08日 00:22