本体偏


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 さて、もっとも大変で、もっとも汚れていると思われる”本体”から、おそうじ始めましょう。


 ただし、分解組み立てなどの作業にあまり自信のない方は、やらないほうが無難かもしれません。
 そういった方は、パソコン周りの通気穴や背面のファンなどの周辺の埃を、掃除機等で掃除しておくだけでもかなり違いますよ。




 本体のカバーをはずしましょう。
 かなりの埃が出ますから、庭やベランダで作業しましょう。


 そのときに、はずしたネジ等は、なくさないように気をつけましょう。


 また、いろいろな種類のネジがあると、どこにどのネジが付いていたか忘れてしまうことがあります。
 それを防止する方法は、カバーを取り去ったあとに、はずしたネジをそのネジ穴にねじ込んでおきましょう。


 清掃は用意した新聞紙を敷いてその上で作業するようにします。
 また、埃を吸い込まないようにするために、マスクをかけましょう。


 内部の基板や部品は、静電気や水分を嫌います。
 空気が乾燥して静電気が発生しそうな日は避けたほうがいいでしょう。
 もちろん、雨がかかる恐れのある日も避けたほうがいいでしょう。


 いよいよ、埃の退治です。
 パソコン内の基板は大変デリケートですから、やさしく扱いましょう。


 ■セフティーダスター で埃をとっていきます。
 科学雑巾などでは、静電気が発生する恐れがありますから、気をつけて作業してください。


 特に、CPUに取り付いているFAN周りは、きれいにしてください。


 このファンが止まると、CPUは熱でだめになる恐れがあります。
 CPUがだめになると、パソコンは終わりってことですから、念入りに行います。


 このファンは外して掃除することができます。
 が、自信のない方はやめておいたほうが無難かもしれません。


 内部の配線やドライブなどを外して掃除したほうが綺麗になりますが、これも自信のあるかたのみオススメです。
 

 綺麗に掃除ができたら、分解したときと逆の手順で組み立てましょう。


 部品が余ってしまったなんて事はないですよね?(笑)


 OKでしたら、作業は終了です。






■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年08月07日 17:55