隠れた司令塔


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 パソコンを動作させるには、能力の高い選手達(パーツのことです)が必要不可欠です。
 CPU(ペンティアムⅣなど)やメモリー、ハードディスクやキーボードなどなど・・・


 ただし、優秀な選手がそれだけ揃っても、お互いばらばらに働いたのでは、本来の性能を発揮するどころか、まともに動作しません。


 そこで、パソコン内の司令塔の登場です。


 その司令塔の名は、「水晶発振子」


 基準クロックを、作り出しています。


 でも、あまり表にはでききません・・・




 ◆基準クロックとは?


 よく、パソコンを買うときの、うたい文句に・・・「ペンティアムⅣ 2G 搭載」なんて、見たことありませんか?


 この、【2G】とは、クロック周波数が2GHz(2ぎが、へるつ)で動くってことなんです。


 下図の1つ目の赤丸から、2つ目の赤丸までのサイクルが、1秒の間に変化することを1Hzと言います。


 通常、CPU(ペンティアムⅣなど)は、この1度のサイクルで、1つの命令を実行します。(2や3サイクルで実行される命令もあります。)


kuro.jpg


 2GHzとは、1秒間に20億回ものサイクルによって動作しています。
 CPUは1秒間に、最大20億の命令をこなしているわけです。


 凄い性能ですね。


 この、2GHzの信号を基準に、CPUだけでなくメモリーやハードディスクなど、すべての部品が連動して動いています。
 (メモリーや、その他の周辺部品は、CPUほどの高速では動作しません。実際には、この2GHzの信号を基準に、その何分の一の周波数に変換して利用しています。)


 でも、この基準の信号はCPUが出しているのではありません!
 CPUやその他すべての部品は、ある部品の命令にしたがって動いています。




 ◆司令塔は、水晶発振子


 この2GHzと言うサイクルを、クロック周波数と呼びます。


 クロックとは、時計のことですね。
 時計のように、正確に時を刻むと言う意味合いなのでしょう。


 水晶発振子は、電圧を加えてやるだけで正確に時を刻む、クロックを出力します。


 水晶発振子がとまると、パソコンもとまります。
 まさに、パソコンの心臓部


 水晶発振子が、CPUやメモリーなどを操って、パソコンは正常に動き出します。


 まさに、隠れた司令塔です。



■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年07月19日 19:28