手書きのフォント


無料でパソコンの知識を高めたいなら!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓    


無料で学び、資格を取得!



 パソコンが普及しだして、会社内の書類はもとより、町内会の回覧板さえもワープロソフトでつくられた文章が回ってきます。
 年賀状も、ほとんどのものが、あて先から本文までパソコンで制作されています。


 とても体裁よく、読みやすいのはいいのですが少し味気ないですよね?




 ワープロの文字ではなく、直筆の文字のほうが良い場合があります。
 例えば、年賀状やお礼状などです。


 こんな(どんな?)時代ですから、手書きで書けるものは、極力手書きにこだわりたいものです。


 ただ、少ない枚数ならば何とかありますが、枚数の多いものだとすべて手書きと言うわけにはいきません。
 やっぱり人間、一度楽を覚えてしまうと、めんどうなことは避けてしまいます。


 手書き文書だって、パソコンでできたらいいな~


 そこで、オススメアプリケーションをご紹介します。




 ■おれん字 2です。


 このアプリケーションソフトは、手書きの文字をスキャナーより取り込み、その手書き文字を、パソコンのフォントと、するものです。


 原稿用紙のような、専用紙に手書きの文章を200文字程度記入します。
 それをスキャナーで、■おれん字 2で取り込みます。


 取り込んだ文字の癖などを解析して、200文字以外のフォントを作成します。
 そこで作成されたものと、入力した200文字を、手書きフォントとしてパソコンに登録できます。


 あとは、そのフォントを使用し文章を書くだけで、手書き風(?)文章の完成です。
 文章として保存してもいいですし、メールで添付したり印刷したり、いろいろな用途があります。


 ただし印刷は、必ずそのフォントの入っているパソコンを使用してください。  違うパソコンには、あなたの手書きフォントはインストールされていませんので、閲覧も印刷も、違うフォントになってしまいます。


 どうしても手書きフォントの文章を、メールなどで送りたいときには、pdfファイルに変更して送付してください。


 また、最近はやりの無料ブログや、ホームページに手書きの文章を公開したいときには、pdfファイルに変換するか、画像ファイルに変換(prtsc機能などを利用できます。)して、貼り付けてください。


 通常のフォントが溢れているところに、手書きフォントのブログがあったら面白いですよね?
 仕事だけでなく、パーソナルユースにも使用できそうです。


 例えば、お子さんの手書きフォントなどを作成してみるのも楽しいかもしれません。








■不要なパソコンをお金に替えよう

買い替えなどで不要になったパソコンを処分したいけど
どこに捨てれば・・お金もかかるし・・・個人情報も心配・・・

そんなときにお任せください。

ソフマップが買取ります。
近くにソフマップの店舗がなくても、ご自宅まで引き取りに。
データ消去も万全で安心。



ソフマップなら高額買取!

2005年10月09日 13:09